システムで業務の効率化を進める

就業の管理を徹底したいと考えている企業にとっては、現在使っているシステムを見直すと良いでしょう。
例えば、効率の良くないタイムカードなどを導入している場合には、ICカードを導入するとより効率よく就業管理を行うことができます。
そこで、注目されているのは勤怠管理システムの導入です。
このシステムは、非常に業務を円滑に進めていくことが可能になります。
給与計算をスムーズにすることが可能になりますから、コスト削減に繋がるのです。
その他にも、人事にも連携することができるのですが、今まではこういったシステムは一つ一つの確認をとりながら進めていくことになったので、非常に効率が悪かったと思います。
勤怠管理のシステムを導入することにより、確認などの作業はすべてシステム化されているので、面倒な作業が必要なくなり、時間やコストを削減することが可能です。
シフト管理、有給などの管理も一つにまとめることができるサービスもあるので、効率化を進められます。

勤怠管理としてタイムカードが、わたしの職場に導入されました。

勤怠管理と聞くと難しいように思えますが、簡単にいうと、「社員がちゃんと時間通りに出勤したか、退勤したか、あるいは休んでいるかを管理すること」らしいです。
そのなかでも分かりやすいのが、タイムカードのように機械にカードを通すことで、その時刻をカードに書き込むシステムでしょう。
私が働いている職場では、半年ぐらい前に導入されました。
それまでは自己申告制だったので、今にして考えると、私をふくめて全員、時間にちょっとルーズでした。
一分や二分の遅刻はいつも誰かしていたように思えます。
なので、タイムカードが導入された時は正直、一秒でさえ遅刻したら記録に残るのだから嫌だな、と思いました。
でも半年たった今、わたしは一度も遅刻していません。
管理されていることが逆に、遅刻に対する意識を強くしたようです。
それにいいように考えれば、自分さえきちんと時間を守って働いていれば、自分自身の働きぶりの証明をしてくれるわけなので、今では勤怠管理としてタイムカードを導入してくれたことを、ありがたく思っています。
勤怠管理システムって色々あってどれがいいのか迷いますよね。そこでオススメなのがキングオブタイムです。人数×300円が月々の支払いで、初期費用は不要みたいなので大変オトクかと思います。