PCに一本化

私の会社は今年の春までタイムカードで勤怠管理を行っていました。
月給制の正社員から、時給制のアルバイト社員や。
同じく時給制の派遣社員が入り混じる環境です。
月末になると、各社員の勤務を集計し給与計算ソフトに転記する作業が、必要です。
注意してもヒューマンエラーは発生し、社員に迷惑がかかることも。
それで、勤怠管理を全ての社員のデスクトップPCで行わせる方法に、変更しました。
全社員が自身のIDとパスワード、指紋認証が必要なデスクトップを業務で利用しています。
各自のPCにタイムカードソフトを導入し、毎日の出社・退社時刻を入力し勤怠管理を行います。
打刻の時間はPCの時計と連動しており、認証には本人確認が必須なので、人的なミスや虚偽申告も防げます。
各社員の勤怠が、経理部門のPCに自動集計、管理されますので、作業工程が簡略化され、大変楽になりました。
また、年休申請なども全て同じソフトで一本化できるため、忙しい社員に余計な手間をかけさせなくて済み好評です。

勤怠管理を効率化しよう!

私は、仕事先によって、勤怠管理の仕方が違うことをよく感じていました。
タイムカードを使って、勤怠管理をするところもあれば、ICカードなどを使って勤怠管理を進めているところもあります。
企業によって、社風なども異なるので、会社それぞれがベストだと感じる勤怠管理の方法を見直して、実践してみることで、業務を効率化させることができると思います。
私は、タイムカードを使って、毎日の出勤などを自分で記録していましたが、仕事などが忙しくあれこれ考えていると、タイムカードを切ることを忘れてしまったりすることがあったり、使い方を間違えて、別のところに時間を印刷してしまうこともありました。
最近は、技術がどんどん進んでいて、ICカードなどを使って、従業員がミスをすることなく、効率よく勤怠管理が行えるようになったり、将来は、カメラの映像だけで従業員の勤怠管理を識別して行ってくれたりといった、業務をより効率よく行える方法も誕生して、普及していくことが予想されるので、皆さんもぜひ、勤怠管理について見直して、自分たちに合ったものを取り入れてみてはいかがでしょうか。